韓国合同参謀本部、「北朝鮮ミサイル2発目、約690キロ飛行」

韓国合同参謀本部、「北朝鮮ミサイル2発目、約690キロ飛行」

韓国合同参謀本部は25日、北朝鮮が発射した短距離ミサイルの2発のうち1発の飛行距離が約690キロと推定されると明らかにした。 写真は北朝鮮が5月に発射したミサイル。(提供:news1)

韓国合同参謀本部は25日、北朝鮮が発射した短距離ミサイルの2発のうち1発の飛行距離が約690キロと推定されると明らかにした。

合同参謀本部の関係者は同日「韓米軍当局が現在まで共同評価した北朝鮮が2発目に発射したミサイルの飛行距離は約690キロで、新たな形態のミサイルであり、追加の分析と評価が必要だ」と述べた。

先立って、合同参謀本部は「北朝鮮が元山(ウォンサン)一帯から東海(日本名:日本海)へ向けて未詳の飛翔体2発を発射し、飛行距離は約430キロだ」と伝えた。

関連記事(外部サイト)