北の発射は「新種の弾道ミサイル」=米韓連合司令部

北の発射は「新種の弾道ミサイル」=米韓連合司令部

北の発射は「新種の弾道ミサイル」=米韓連合司令部

米韓連合司令部と在韓米軍司令部は、去る25日に北朝鮮が元山(ウォンサン)一帯から日本海(韓国名:東海)に向けてミサイル2発を発射したことについて、「弾道ミサイル」と26日に評価した。

米韓連合司令部と在韓米軍司令部はこの日、立場文を発表し「北朝鮮が木曜朝に2発の短距離弾道ミサイルを発射したと認める。我々は、これが北朝鮮の新たな形態(ニュータイプ)の短距離ミサイルであると評価する」と明らかにした。

その上で「これは、韓国は米国に対する直接的な脅威にはならず、我々の防御態勢に影響を与えない」と伝えた。

関連記事(外部サイト)