日韓対立でより大きな被害を受けるのは「韓国」=韓国世論調査

日韓対立でより大きな被害を受けるのは「韓国」=韓国世論調査

日韓対立でより大きな被害を受けるのは「韓国」=韓国世論調査

日韓が、政府の輸出管理(輸出規制)をめぐり対立する中、韓国人の54%が「韓国がより大きな被害を受ける」と考えていることがわかった。

世論調査専門機関「韓国ギャロップ」が去る23日から3日間、韓国の成人1006人を対象に「今回の日韓紛争でどちらの国がより被害を受けるか」を質問した結果、回答者の54%が「韓国」と答えたことが26日、明らかとなった。

反面、27%が「日本」と回答し、11%は「どちらも同じ」と回答。8%は「未回答」だった。

また、回答者の50%は韓国政府の対応について「よく(うまく)対応している」と答えたことがわかった。

関連記事(外部サイト)