トランプ氏、正恩氏を擁護? 「小さなミサイルを実験しただけ」

北朝鮮が新型短距離ミサイル発射、トランプ大統領「ただ小さなものを実験しただけ」

記事まとめ

  • ドナルド・トランプ大統領が、北朝鮮が先ごろ新型短距離ミサイルを発射したことに言及
  • 「ただ小さなもの(smaller ones)を実験しただけ」として、北朝鮮を非難しなかった
  • トランプ大統領は「私は本当に、金委員長と良い関係を築いている」と述べた

トランプ氏、正恩氏を擁護? 「小さなミサイルを実験しただけ」

トランプ氏、正恩氏を擁護? 「小さなミサイルを実験しただけ」

トランプ氏、正恩氏を擁護? 「小さなミサイルを実験しただけ」

ドナルド・トランプ大統領は、北朝鮮が先ごろ新型短距離ミサイルを発射したことと関連し、「ただ小さなもの(smaller ones)を実験しただけ」として非難しなかった。

トランプ大統領は25日(現地時間)に放送されたFOXニュースとのインタビューで、米朝関係などに関する質問に「北朝鮮は核実験はしておらず、ミサイル実験も小さなもの以外にはしていない」とし、「このような実験は、数多くされているだろう」と答えた。

これを前に、北朝鮮は去る25日午前、金正恩(キム・ジョンウン)委員長指導のもと、元山(ウォンサン)一帯から日本海に向けて新型の短距離弾道ミサイル2発を発射した。

同件と関連し、米国議会などでは「北朝鮮の弾道ミサイル発射は、国連安全保障理事会の決議に違反する」との理由で、追加制裁など対応の必要性が提起されている状況だ。

しかし、トランプ大統領はこの日のインタビューで「北朝鮮はただ、小さなミサイルを打った」という言葉で表現。今回のミサイル発射についてては「深刻に考えていない」ことを明確に示したかたちだ。

さらに、この日のインタビューでトランプ大統領は「私は本当に、金委員長と良い関係を築いている」とし、「今後、どのようなことが起こるか見守ってみよう」と述べた。

関連記事(外部サイト)