菅官房長官「日韓関係が厳しくともGSOMIAは維持を」

菅官房長官「日韓関係が厳しくともGSOMIAは維持を」

菅官房長官「日韓関係が厳しくともGSOMIAは維持を」(提供:news1)

日本政府が29日、最近悪化した日韓関係にもかかわらず、日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)は引き続き維持すべきだとの立場を明かした。

日本メディアによると、菅義偉官房長官は同日の記者会見で、最近韓国内で「韓日GSOMIA再延長不可」論が起こっていることについて、「協定(GSOMIA)は両国の安全保障分野での協力と連携を強化し、地域の平和と安定に寄与するとの認識のもとに、締結以来、毎年、自動延長してきている」と述べた。

続けて「政府は日韓関係が現在、非常に厳しい状況にあるが、連携すべき課題はしっかり連携していくことが重要だと考えている」とし「適切に対応していきたい」と述べた。

関連記事(外部サイト)