不買運動の裏で”日本大好き”ネットユーザー、ユニクロ商品をアピールする画像をSNS投稿

不買運動の裏で”日本大好き”ネットユーザー、ユニクロ商品をアピールする画像をSNS投稿

不買運動の裏で”日本大好き”ネットユーザー、ユニクロ商品をアピールする画像をSNS投稿(画像:news1)

韓国版2ちゃんと呼ばれる「イルベ(日刊ベストストア)」会員らが、日本ブランド=UNIQLO(ユニクロ)の商品を購入した”認証ショット”をSNSに投稿。物議を醸している。

去る26日、イルベサイトにはユニクロでの購入品を手にした写真が投稿された。ある会員は「ユニクロ(製品を)ウェブで購入した」とのタイトルで写真を掲載し、文大統領に向けた誹謗中傷の言葉も多数書き込んだ。

また、他の会員はユニクロのロゴが入ったショップ袋を手に、購入を証明する写真を投稿。この男性は、イルベ会員を表現する指サインをした写真も同時に掲載した。

現在、韓国では日本の輸出管理(輸出規制)に反対するために日本製品の不買運動が拡散している。そのような中で、一部の”日本好き”ネットユーザーらは、イルベサイトを利用して「不買運動反対」パフォーマンスを繰り広げている。

関連記事(外部サイト)