金正恩氏、新型大口径操縦放射砲の発射実験視察

金正恩氏、新型大口径操縦放射砲の発射実験視察

金正恩氏、新型大口径操縦放射砲の発射実験視察(提供:news1)

北朝鮮のメディアは前日(31日)、金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)の指導のもと、大口径操縦放射砲の発射実験をしたと1日、伝えた。

北朝鮮の官営朝鮮中央通信と労働党機関紙労働新聞などは「金正恩同志が7月31日、新たに開発した大口径操縦放射砲の発射実験を指導なさった」と伝えた。

先立って、韓国の合同参謀本部は前日、北朝鮮が午前5時6分と5時27分ごろ、元山(ウォンサン)付近から短距離弾道ミサイル2発を発射したと発表した。

しかし、同日北朝鮮が弾道ミサイルではなく新型大口径操縦放射砲の発射実験をしたと発表し、韓国軍当局の分析とは異なる。

ただし同日、北朝鮮メディアは発射実験の場面が盛り込まれた写真を公開していない。

関連記事(外部サイト)