トランプ氏、北の飛翔体発射に「問題ない」

トランプ氏、北の飛翔体発射に「問題ない」

トランプ氏、北の飛翔体発射に「問題ない」

北朝鮮が2日午前、再び飛翔体を発射した。

これを前に、ドナルド・トランプ大統領は北朝鮮の飛翔体発射について「何の問題もない」と明かしたことがわかった。

1日(現地時間)、AFP通信によるとトランプ大統領は同日、オハイオ州へ選挙遊説に向かう直前、ホワイトハウス前で記者会見を開き、北朝鮮ミサイル関連の質問に「短距離ミサイルならごく普通だ」とした上で、「北朝鮮のミサイル実験は、何も心配していない」と述べた。

なお、この発言は先月25日と31日、北朝鮮が発射したミサイルに対するもの。トランプ大統領は30日にも「金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長と良い関係にあり、私は彼(正恩氏)を気に入っているし、彼もそうだろう」とし、「(今後)何が起こるのか見守ろう」とコメントしていた。

関連記事(外部サイト)