米韓、きょうから合同演習実施=9日には国防長官会談

米韓、きょうから合同演習実施=9日には国防長官会談

米韓きょうから合同演習実施

米韓、きょうから合同演習実施=9日には国防長官会談

米韓、きょうから合同演習実施=9日には国防長官会談(提供:news1)

北朝鮮が最近9日間で3度短距離ミサイルを発射し、挑発を続けてきた中、米韓軍当局は今週から合同指揮所演習(CPX)を実施する。

軍は5日、危機管理参謀訓練(CMST・Crisis Management Staff Training)を皮切りに、20日までCPXを実施する計画だと伝えられた。CPXは指揮所内で実施するウォーゲーム演習で、野外機動訓練(FTX)と対比される。

今回の練習では韓国軍の戦時作戦統制権(戦作権)行使能力を評価する最初の作戦運用能力(IOC)に対する検証が行われる予定だ。

チェ・ビョンヒョオク米韓連合軍司令部副司令官が司令官の役割を、ロバート・エイブラムス在韓米軍司令官(米韓連合司令官)が副司令官の役割を担い、未来連合軍司令部の体系をテストする。

また今回の演習は来る9日、米国のエスパー長官が訪韓する時点に重なり、さらに関心を集めるものと見られる。エスパー長官は同日、ソウル・国防部でチョン・ギョンドゥ国防長官と会い、朝鮮半島情勢を評価する。特に両国の防衛長官は米韓防衛費分担金問題を議論するものと見られる。

関連記事(外部サイト)