少女像展示中止 愛知県知事「展示中止要求は憲法違反」=名古屋市長の発言受け

少女像展示中止 愛知県知事「展示中止要求は憲法違反」=名古屋市長の発言受け

少女像展示中止 愛知県知事「展示中止要求は憲法違反」=名古屋市長の発言受け(提供:news1)

愛知県で開かれている国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」で展示された慰安婦関連の企画展が突然中止されたことと関連し、愛知県の大村秀章知事が「憲法違反の疑いが濃厚だ」と批判した。

5日、日本のメディアによると大村知事は同日、記者会見を開き「少女像展示中止」を公開的に要望していた名古屋市の河村たかし市長の発言に対して「憲法21条で禁止された検閲ととられても仕方がない」と述べた。

去る1日から「表現の不自由展・その後」企画展の一環として、キム・ウンソン、キム・ソギョン作家が少女像をはじめ、慰安婦関連の作品を展示した。

しかし河村市長が公開的に展示中止を要請し、菅官房長官が今回のイベントに対する政府の補助金交付中断の可能性を示唆すると、展示3日目の去る3日、作品の展示が突然中止された。主催側は抗議の電話やメールなどが殺到し、観覧客の安全に問題が生じかねないと判断したと説明したが、外圧の議論が激しくなっている。

議論が広がると河村市長は同日、記者会見を開き「最低限の規制は必要だ。(少女像は)日本人の心を踏みにじるもの」と主張したと伝えられた。

関連記事(外部サイト)