韓国合同参謀本部、北朝鮮発射の飛翔体「短距離弾道ミサイルと推定」

韓国合同参謀本部、北朝鮮発射の飛翔体「短距離弾道ミサイルと推定」

韓国の合同参謀本部は6日、北朝鮮が発射した飛翔体が短距離弾頭ミサイルと推定されると明らかにした。(提供:news1)

韓国の合同参謀本部は6日、北朝鮮が発射した飛翔体が短距離弾道ミサイルと推定されると明らかにした。

合同参謀本部は同日「韓国軍はきょう午前5時24分ごろと5時36分ごろ、北朝鮮が黄海南道付近から東海(日本海)上へ発射した短距離弾道ミサイルと推定される飛翔体2発をとらえた」とし、「今回発射した短距離ミサイルの高度は約37キロ、飛行距離は約450キロ、最大飛行速度はマッハ6.9以上と探知した」と伝えた。

続けて「韓米情報当局は今回の短距離ミサイルを先月25日に発射した短距離弾道ミサイルと類似した飛行特性を有するものと評価しており、精密分析中だ」と付け加えた。

合同参謀本部は「現在、韓国軍は追加発射に備えて、関連動向を監視しながら態勢を維持している」と明らかにした。

関連記事(外部サイト)