韓国外交部、必要に応じて日本渡航「注意喚起」発令を検討

韓国外交部、必要に応じ日本渡航に「旅行警報関連措置も検討する計画」と明かす

記事まとめ

  • 韓国外交部は日本渡航について「旅行警報関連措置も検討する計画」と明らかにした
  • 共に民主党・日本経済侵略対策特別委員会が旅行規制措置の必要性を言及したことに関連
  • "日本内、嫌韓集会・デモが開かれる場所を訪れるのは自制"メッセージを配信している

韓国外交部、必要に応じて日本渡航「注意喚起」発令を検討

韓国外交部、必要に応じて日本渡航「注意喚起」発令を検討

韓国外交部、必要に応じて日本渡航「注意喚起」発令を検討

韓国外交部(外務省に相当)は6日、共に民主党・日本経済侵略対策特別委員会が日本への旅行規制措置の必要性を言及したことと関連し、「旅行警報(注意喚起)関連措置も検討する計画」と明らかにした。

外交部のキム・インチョル報道官は同日、定例記者会見で「今後も、我々国民の安全確保のため、必要な際には海外安全旅行ホームページ上に安全に関する告知を掲載、追加で安全メッセージの発信、旅行警報発令などの措置を検討していく方針」とし、このように伝えた。

なお外交部は、前日(5日)から日本を訪問する韓国人旅行者を対象に「日本内、嫌韓集会・デモが開かれる場所を訪れるのは自制し、身辺の安全に留意するように」との安全メメッセージを配信するサービスを開始した。

関連記事(外部サイト)