正恩氏、新型戦術誘導弾発射を視察 「米韓軍事演習への警告」

正恩氏、新型戦術誘導弾発射を視察 「米韓軍事演習への警告」

正恩氏、新型戦術誘導弾発射を視察 「米韓軍事演習への警告」

北朝鮮が去る6日、金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長が新型戦術誘導弾の発射現場に立ち会い、視察したことがわかった。朝鮮中央通信が7日、報道した。

北朝鮮の官営メディア「朝鮮中央通信」は、「金正恩同志は8月6日未明、新型戦術誘導弾の発射を視察した」とし、「国防科学部門の指導幹部らも同席した」と伝えた。

金委員長はこの席で「新型戦術誘導弾の発射が、目的とした通りに満足のいくように実行された」と評価。

また「(金委員長は)我々の軍事的行動は、米国と南朝鮮(韓国)が実施している合同軍事演習に向けて警告している、と述べた」と北朝鮮メディアは報じている。

先月末から今月にかけて、北朝鮮が相次いでミサイル挑発をおこなっている背景には、対南・対米圧迫をすると同時にミサイル技術の高度化を達成しようとする意図があるとみられる。

特に、去る5日より米韓が下半期軍事演習に突入したことに対する反発を示していると分析されている。

関連記事(外部サイト)