韓国産業通商資源部長官「ホワイト国から日本除外、対抗措置ではない」

韓国産業通商資源部長官「ホワイト国から日本除外、対抗措置ではない」

韓国産業通商資源部長官「ホワイト国から日本除外、対抗措置ではない」(提供:news1)

韓国のソン・ユンモ産業通商資源部(経済産業省に相当)長官は、14日、日本の「ホワイト国」韓国除外決定以降、韓国も日本を「ホワイト国」リストから除外したことと関連し、「対抗措置ではない」と一線を引いた。

ソン長官はこの日午前、国会産業通商資源中小ベンチャー企業委員会全体会議に出席した。

ソン長官は「外から見ると、日本の措置に韓国が対応しているように見えるが、韓国の措置は日本と明確に違う」とし「日本は最高裁判所の判決による報復措置だが、われわれは国内・国際的な輸出入制度の基本原則に従った」と説明。

続けて「戦略物資の輸出統制は地域の安定と国際平和のため、関係国と協力する体制にならなければならないが、一部国家(日本を指す)で乱用したケースがある場合、別途分離して統制制度の改善の必要性が発見され、告示を改正したもの」と付け加えた。

ソン長官はまた「WTOでわれわれの措置について確実な根拠を持って説明可能だと考える」とし「提訴準備は着実に進められており、準備作業が終わり次第、適正時点に提訴を進める」と述べた。

関連記事(外部サイト)