“Burning Sun癒着”元警察官、2千万ウォン授受容疑で懲役1年

“Burning Sun癒着”元警察官、2千万ウォン授受容疑で懲役1年

“Burning Sun癒着”元警察官、2千万ウォン授受容疑で懲役1年

クラブ「Burning Sun」で起こった事件をもみ消す見返りに2000万ウォン(約180万円)の賄賂を受け取った容疑で裁判に移された元警察官に1審で実刑が言い渡された。

ソウル中央地裁は14日、特定犯罪加重処罰法等に関する法律違反(斡旋収賄)容疑で起訴されたカン某氏(44)に懲役1年を宣告した。

判事は「クラブBurning Sunの未成年者出入り事件を処理する名目で2000万ウォンを交付したというBurning Sunのイ・サンヒョン共同代表の信ぴょう性を認めることができる」とし、「これを根拠に公訴事実は有罪」と述べた。

カン氏は昨年7月、「Burning Sun」で起こった未成年者出入り事件をもみ消し、営業停止を避けるよう“見逃し捜査”をする見返りに、イ代表から2000万ウォンを受け取った容疑で裁判にかけられた。

関連記事(外部サイト)