韓国人の10人中8人、「ことし日本旅行の意向ない」

韓国人の10人中8人は「ことし日本旅行の意向ない」 日本の輸出規制で日韓関係が悪化

記事まとめ

  • 世論調査専門機関リアルメーターが16日、日本旅行の意向について韓国国民の世論を調査
  • 「ことし日本旅行の意向はない」との回答が81.8%、「ある」は13.4%にとどまった
  • 特に進歩層、「共に民主党」支持層、主婦では「ない」が90%を上回る結果になった

韓国人の10人中8人、「ことし日本旅行の意向ない」

韓国人の10人中8人、「ことし日本旅行の意向ない」

韓国人の10人中8人、「ことし日本旅行の意向ない」(提供:news1)

日本の輸出規制措置により、日韓関係が最悪の状況へ向かっている中、韓国人の10人中8人はことし日本へ旅行しないと回答したことが19日、調査された。

世論調査専門機関リアルメーターがCBSの依頼で去る16日、日本旅行の意向について国民世論を調査した結果、「ことし日本旅行の意向はない」との回答が81.8%と集計された。「ことし日本旅行の意向がある」との回答は13.4%にとどまった。「わからない・無回答」は4.8%だった。

細かくみてみるとすべての地域、年代、理念性向、政党支持層、職業でことし日本旅行の意向がないという世論が多数だった。特に進歩層、「共に民主党」支持層、主婦では90%を上回っている。

保守性向が濃い大邱(テグ)・慶尚北道(キョンサンプクフド)と50代以上でも日本旅行の意向がないという回答が80%を上回った。「正義党」と無所属、女性、自営業なども同様だった。

「自由韓国党」と「正しい未来党」の支持層の中でも回答者の3分の2(65.9%、65.4%)が日本旅行の意向がないと回答したことがわかった。

関連記事(外部サイト)