韓国外交部、日本公使呼び福島汚染水の処理法案を協議

韓国外交部、日本公使呼び福島汚染水の処理法案を協議

韓国外交部、日本公使呼び福島汚染水の処理法案を協議(提供:news1)

日本政府が福島原発の汚染水の海洋放出を計画しているとの国際環境団体の主張と関連し、韓国外交部は19日、在韓日本大使館の西永知史公使を呼び、韓国政府の立場を説明し、今後の処理法案について協議した。

権世重(クォン・セジュン)気候環境科学外交局長は同日午前、西永知史公使を外交部庁舎に呼び、政府の立場を盛り込んだ外交部は口述書(外交文書)を渡した。

外交部は口述書で韓国政府は福島原発の汚染水の処理結果が、両国国民の健康や安全、国全体に及ぼす影響を非常に厳しく認識していると伝えた。

また原発の汚染水の海洋放出に対する報道や国際環境団体の主張と関連し、事実関係の確認や今後の処理計画などについての日本政府の公式的な答弁を求めた。

さらに今後、日本政府が国際社会にも福島原発の処理計画などを含めた諸般の対策をより透明かつ具体的に説明することを求めた。

関連記事(外部サイト)