北外務省、韓国の武器導入を非難 「軍事脅威伴う対話、興味なし」

北外務省、韓国の武器導入を非難 「軍事脅威伴う対話、興味なし」

北外務省、韓国の武器導入を非難 「軍事脅威伴う対話、興味なし」

北朝鮮は22日、米国のステルス戦闘機F-35Aなど韓国の先端武器導入を非難する外務省報道官名義の談話を発表し、「軍事的な脅威を伴う対話には、興味ない」と明かした。

北朝鮮外務省の報道官はこの日、談話で「米国と韓国による軍事的敵対行為は、朝鮮半島で恒久的な平和を構築するための対話の動力を落としており、我々が物理的な抑制力強化により大きな関心を向けることが現実的な方法であると考える」と述べたことがわかった。

また、米国が先ごろ中距離巡航ミサイルを試験発射し、朝鮮半島周辺地域にF-35ステルス戦闘機など攻撃型武装装備を投入するなど「軍備経済と対決雰囲気を高めている」とし、このような現実は「我々を最大に覚醒させている」と主張した。

関連記事(外部サイト)