韓国国防部「緊密な韓米協力で情報確認…日本の情報は役に立たない」

韓国国防部「緊密な韓米協力で情報確認…日本の情報は役に立たない」

韓国国防部は27日「韓日の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)終了と関係なく、韓米間の緊密な疎通を通じて、安定的かつ完璧な連合防衛態勢を維持していく」と述べた。(提供:news1)

韓国国防部は27日「韓日の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)終了と関係なく、韓米間の緊密な疎通を通じて、安定的かつ完璧な連合防衛態勢を維持していく」と述べた。

国防部のチェ・ヒョンス報道官はこの日定例会見で「われわれが普段、多様な部分を通じて、特に韓米協力で必要な情報は受け取り、交換している状況」と述べた。

チェ報道官は、国防部のチョン・ギョンドゥ長官が前日、国会の予算決算特別委員会会議で、GSOMIAについて「韓日の軍事交流分野で効用価値が高くなかった」との発言についても同様の趣旨と説明。

また「われわれに直接的な危害になる部分に対する正確な情報を必要とし、それについては韓米間の緊密な協力を通じて分析して確認している」とし、「その次元で正確なわれわれの分析に、日本側の情報が全く役に立たなかった」と述べた。

関連記事(外部サイト)