英・仏・独、国連安保理緊急会議で北ミサイル発射を糾弾

英・仏・独、国連安保理緊急会議で北ミサイル発射を糾弾

英・仏・独、国連安保理緊急会議で北ミサイル発射を糾弾

イギリス、フランス、ドイツは27日(現地時間)、国連安全保障理事会緊急会議を要請し、北朝鮮のミサイル発射を糾弾したことがわかった。

米国の声(VOA)によると、国連安保理常任理事国であるイギリスとフランス、安保理対北制裁委員会の議長国であるドイツの3か国は共同声明を通じて、北朝鮮のミサイル発射を糾弾した。

この日開かれた安保理会議で、北朝鮮のミサイル発射問題を案件として取り扱うことを要請し非公開で会議をおこなった後、これを明かした。

関連記事(外部サイト)