韓国、米国の「GSOMIA破棄への批判」に遺憾… 大使呼び自制求める

韓国、米国の「GSOMIA破棄への批判」に遺憾… 大使呼び自制求める

破棄批判の米に韓が自制要求

韓国、米国の「GSOMIA破棄への批判」に遺憾… 大使呼び自制求める

韓国、米国の「GSOMIA破棄への批判」に遺憾… 大使呼び自制求める

日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)破棄の決定と関連し、韓国政府が米国側に「批判発言の自制」を求めた。

趙世暎(チョ・セヨン)外交部(外務省に相当)第1次官は28日(日本時間)、ハリー・ハリス在韓米国大使を外交部庁舎に呼び、米国の否定的な反応について遺憾の意を表明し、自制するよう要請。

趙第1次官は「日韓関係の脈絡から検討し決定したもの」とし、「日韓同盟とは無関係だ」と韓国政府の立場を説明した。

また「米国と緊密な協力の下に、日米韓の安保協力を継続して維持していく」としながら、「米韓同盟をより発展させるため、努力する」との韓国政府の立場を強調した。

関連記事(外部サイト)