米政府、韓国のGSOMIA破棄に「失望」=再び強調

米政府「韓国のGSOMIA破棄に失望」再び強調 これを前に韓国は米国に「批判自制」要請

記事まとめ

  • 29日、「米国は文政府がGSOMIAを破棄したことに強い懸念と失望を表明する」と強調した
  • これを前に、趙世暎外交部第1次官は28日、米国側に「批判発言の自制」を要請していた
  • 米側は22日に明かした公式の立場を変えることなく、さらに「撤回しない」ことを明確に

米政府、韓国のGSOMIA破棄に「失望」=再び強調

米政府、韓国のGSOMIA破棄に「失望」=再び強調

米政府、韓国のGSOMIA破棄に「失望」=再び強調

日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)破棄の決定と関連し、韓国政府が米国側に「批判発言の自制」を要請。しかし、米政府の高官らは28日(現地時間)、なおも相次いで批判のメッセージを発信した。

29日、米国の声(VOA)によると、米国務省の関係者はVOAに対しハリス大使と趙世暎(チョ・セヨン)外交部(外務省に相当)第1次官との対話内容は「公開できない」としながらも、「米国は文政府がGSOMIAを破棄したことに強い懸念と失望を表明する」と強調したという。去る22日に明かした公式対立場を変えることなく、さらに「撤回しない」ことを明確にしたかたちだ。

これを前に、趙第1次官は28日(日本時間)、ハリー・ハリス在韓米国大使を外交部庁舎に呼び、米国の否定的な反応について遺憾の意を表明し、自制するよう求めていた。

関連記事(外部サイト)