韓国首相「米朝実務交渉、近いうち開くよう模索」

韓国首相「米朝実務交渉、近いうち開くよう模索」

韓国の李洛淵(イ・ナクヨン)首相は5日、「北朝鮮と米国の実務交渉を近いうちに開くよう模索している」と述べた。(提供:news1)

韓国の李洛淵(イ・ナクヨン)首相は5日、「北朝鮮と米国の実務交渉を近いうちに開くよう模索している」と述べた。

李首相は同日、ソウル・ロッテホテルで開かれた多国間安全保障会議「ソウル安保対話」開幕式に出席。祝辞を通じて「明確な成果を上げたわけではないが、南北と米国はその(非核化の)道を見いだすための対話の軌道を維持している」と述べた。

彼は「南北と米国は昨年から、非核化への道を見出すために努力している」と強調した。

李首相は南北共同連絡事務所の設置、南北の道路・鉄道連結のための基礎調査、板門店(パンムンジョム)共同警備区域の非武装地帯などを言及し「朝鮮半島は平和を取り戻したが、不完全で暫定的だ。平和をさらに拡散させながら恒久的に定着させることは今後の課題だ」と説明した。

続けて「その課題は米朝の非核化交渉の影響を受けるだろう」とし、韓国政府が米朝対話を助けながら、平和の拡散と定着に向けて休まず進んでいくと付け加えた。

関連記事(外部サイト)