“韓国批判”河野外相の相次ぐ寄稿に 「適切に措置」=韓国外交部

“韓国批判”河野外相の相次ぐ寄稿に 「適切に措置」=韓国外交部

“韓国批判”河野外相の相次ぐ寄稿に 「適切に措置」=韓国外交部(提供:news1)

河野太郎外相が、外信に相次ぎ韓国を批判する寄稿文を出したことと関連し、外交部は5日「寄稿文の内容に同意できない」とし「適切に措置していく」と伝えた。

外交部のキム・インチョル報道官は同日、定例会見で河野外相の相次ぐ寄稿文に対する立場を問われ「日本の一方的な主張にわれわれが同意せず、受け入れないことは何度も申し上げた」とし「関連の寄稿などについてはわれわれが適切に措置していく予定だ」と述べた。

これと関連し、外交部当局者は同日、記者らに会い「寄稿文(内容)に同意できず受け入れられないという点を表明する方法はいくつかある。適切な方法を探していく」と述べて、対応方針を再度確認した。

さらに「われわれは請求権協定を違反しておらず、同時に最高裁判所の判決を尊重し、日本の規制は説明されていない不当な措置であるため、撤回を促すもの」とし、「韓日の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)も、日本との安保協力が協定を維持するほどではないという判断によるもの」と寄稿文の内容に反論した。

一方、河野外相は前日のブルームバーグに続き、タイの英字紙バンコクポストに「日本と韓国の間の真の問題は信頼」という寄稿文を通じて、韓国政府を批判した。

関連記事(外部サイト)