台風13号北上で、交通安全施設などを点検=韓国警察

台風13号北上で、交通安全施設などを点検=韓国警察

台風13号北上で、交通安全施設などを点検=韓国警察

韓国警察が台風13号北上に対応するため交通安全強化に乗り出した。

ソウル地方警察庁は、交通警察を動員して常習浸水脆弱な場所の河川など、氾濫予想地域と工事現場周辺や山崩れ危険地域を把握し、交通安全施設物状態を点検すると6日明らかにした。

ソウル庁は、「刻々と変化する気象状況によって必要な場合、非常勤務を発令し、非常等級(甲乙丙)により、使用可能な交通警察を動員し、台風に備えた交通統制・渋滞などの状況に対応する」と強調した。

これと共に警察は、台風が北朝鮮地域に入り消滅段階に入る8日まで、自家用車より大衆交通を利用し、地下道路通行時の安全状況によって警察の統制に従うよう呼びかけた。

関連記事(外部サイト)