文大統領、チョ・グク氏の法相任命可否をきょうにも決断か

文大統領、チョ・グク氏の法相任命可否をきょうにも決断か

文大統領、チョ・グク氏の法相任命可否をきょうにも決断か(提供:news1)

韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が長く悩んだ末に9日、チョ・グク法務部長官候補任命に対する決断を下すものと見られ、注目されている。

当初、文大統領のチョ候補者任命可否に対する決定は去る8日、整理されるものと見通されたが、文大統領は8日、世論をうかがう熟考モードに入った。

文大統領は前日、ノ・ヨンミン大統領秘書室長主宰で開かれた懸案点検会議、与党である「共に民主党」が開いた非公開最高委員会議、日曜のたびに首相官邸で開かれる会議の結果などをもとに、チョ候補者の任命可否を決定したものとみられる。

関連記事(外部サイト)