米海上で自動車運搬船が転覆、救助された20〜30代の韓国人船員 「40時間、恐怖を耐え抜いた」

米海上で自動車運搬船が転覆、救助された20〜30代の韓国人船員 「40時間、恐怖を耐え抜いた」

米海上で自動車運搬船が転覆、救助された20〜30代の韓国人船員 「40時間、恐怖を耐え抜いた」

米南東部ジョージア州ブランズウィックの沖合で現代自動車のグループ会社「現代グロービス」所属の自動車運搬船「ゴールデンレイ号」が転覆。この事故で、船内に閉じ込められていた韓国人の船員4人が全員救助され、関係者らは胸をなでおろしている。

救助された船員らはゴールデンレイ号の機関室で勤務していた1・2・3等機関士および実習中の機関士と伝えられた。

20代中盤〜30代はじめの韓国人船員らは、40時間の恐怖を耐え抜き、無事に救出された。

現在、病院で詳しい健康チェックを受けており、検診後に家族と面会する予定だ。

関連記事(外部サイト)