米当局者、北の飛翔体発射受け「同盟国と緊密に協力」

米当局者、北の飛翔体発射受け「同盟国と緊密に協力」

米当局者、北の飛翔体発射受け「同盟国と緊密に協力」

米国の政府当局者は10日、北朝鮮がまた飛翔体を発射したことについて「状況を注視しており、同盟国と緊密に協力していく」と明かした。

ウォールストリートジャーナルなど現地メディアによると、米政府の高位当局者はこの日、「北朝鮮が飛翔体を発射したとの報道は承知している」とし、このように述べた。

これを前に、韓国の合同参謀本部は北朝鮮がこの日午前、平安南道(ピョンアンナムド)内陸から東方向へ未詳の飛翔体を2発発射したと明かした。

北朝鮮による短距離弾道ミサイルなど飛翔体の発射はことし5月以降、今回が10回目となる。

関連記事(外部サイト)