米韓の北核問題担当高官、電話会談=北のミサイル発射を協議

米韓の北核問題担当高官、電話会談=北のミサイル発射を協議

米韓の北核問題担当高官、電話会談=北のミサイル発射を協議

北朝鮮が、9月下旬の対話再開意思を明かしたのと同時に再びミサイル挑発をおこなった中、米韓の北核問題担当高官が電話会談をおこない、朝鮮半島情勢について協議した。

韓国外交部(外務省に相当)によると、李度勲(イ・ドフン)朝鮮半島平和交渉本部長とスティーブン・ビーガン北朝鮮担当特別代表は10日、朝鮮半島情勢および朝鮮半島の完全な非核化と恒久的平和定着の実質的な進展案について協議。さらに、近日中に対面し協議を続けることで一致した。

李本部長は実務交渉を前に今月中旬、米国を訪問。ワシントンD.C.でビーガン氏と協議を続けると伝えられた。

関連記事(外部サイト)