米国務長官、中秋節祝うメッセージ「南北の幸せな中秋を祈願」

米国務長官、中秋節祝うメッセージ「南北の幸せな中秋を祈願」

米国務長官、中秋節祝うメッセージ「南北の幸せな中秋を祈願」(提供:news1)

ポンペオ米国務長官が秋夕(中秋節、13日)を控えて、南北の住民らに祝いのメッセージを伝えた。

ポンペオ長官は10日(現地時間)、国務省を通じて発表した声明で「米政府と国民を代表し、韓国と北朝鮮の住民、そして全世界の韓国人が幸せな秋夕連休を過ごすことを願う」と伝えた。

米国務長官の秋夕あいさつで「北朝鮮住民」が挙げられたのはトランプ政権では今回が初めてだ。

ポンペオ長官は「平和と繁栄の共通利益、民主主義と自由・人権の共通価値にしっかりと基礎を置いている韓米同盟の力を認識するためのものと受け止める」と述べた。

また「すべての韓国人とその家族が(秋夕を迎え)特別な時間を過ごすことを願う」と付け加えた。

関連記事(外部サイト)