北朝鮮「日米の軍事共謀、平和と安定を害する無謀な動き」

北朝鮮「日米の軍事共謀、平和と安定を害する無謀な動き」

北朝鮮「日米の軍事共謀、平和と安定を害する無謀な動き」(提供:news1)

北朝鮮の労働党機関紙「労働新聞」は米韓合同演習に続き、米海軍と日本海上自衛隊の共同訓練についても「われわれに対する厳重な軍事的挑発であり、朝鮮半島と地域の平和、安定を脅かす危険な妄動」と激しく非難した。

11日、労働新聞は情勢論の解説記事で「9月23日まで1か月近く敢行される今回の演習は朝鮮半島の有事の際、日本に緊急投入される米軍兵力と装備の迅速な展開を熟達する『連合戦時増員訓練』をはじめ、われわれ狙った様々な挑発的な内容で一貫している」と述べた。

新聞は「米国と日本の軍事的共謀は、朝鮮半島情勢を激化させ、アジア地域の平和と安定を害する無謀な動きで、内外の大きな憂慮をもたらしている」とし、「米国と日本の合同軍事演習策動は絶対に容認できない」と指摘した。

関連記事(外部サイト)