韓国史上最も残忍な連続殺人事件に急展開、警察が緊急会見へ

韓国史上最も残忍な連続殺人事件に急展開、警察が緊急会見へ

韓国史上最も残忍な連続殺人事件に急展開、警察が緊急会見へ(画像:news1)

19日午前、韓国・京畿道(キョンギド)水原市(スウォンシ)にある京畿南部地方警察庁で「華城連続殺人事件」の緊急会見が開かれている。

80年代後半に韓国・華城(ファソン)で発生した連続殺人事件。最初の事件(86年発生)から33年の時が過ぎ、容疑者の男が特定されたと韓国メディアが報じた。

同日午前、パク・ギス華城連続殺人事件捜査本部長が事件の概要を説明。韓国史上最悪の未解決事件として知られる華城連続殺人事件は1986年から1991年まで、京畿道・華城地域で発生した。

警察は、収監中だった男を容疑者として特定したと明かし、専門チームを構成して容疑者を相手に本格的な捜査に入った。

関連記事(外部サイト)