法相宅の家宅捜査と共に、忠北大にも捜査員 「チョ氏の息子ロースクール支援疑惑」=韓国検察

韓国検察がチョ・グク法務部の自宅の他、忠北大学に対しても家宅捜索

記事まとめ

  • 韓国検察がチョ・グク法務部の自宅の他、忠北大学に対しても家宅捜索をおこなった
  • 忠北大学はチョ氏の息子を支援したとされており、家宅捜索で支援書類などが確保された
  • チョ氏の息子は、虚偽の活動証明書を受け取り志願の際に提出した疑惑を受けている

法相宅の家宅捜査と共に、忠北大にも捜査員 「チョ氏の息子ロースクール支援疑惑」=韓国検察

法相宅の家宅捜査と共に、忠北大にも捜査員 「チョ氏の息子ロースクール支援疑惑」=韓国検察

法相宅の家宅捜査と共に、忠北大にも捜査員 「チョ氏の息子ロースクール支援疑惑」=韓国検察(画像:news1)

韓国検察が、チョ・グク法務部(法務省に相当)の自宅と共に、チョ氏の息子を支援したとされる忠北大学に対して家宅捜査をおこなった。

ソウル中央地検は23日、忠北大学入学課に捜査員を派遣し、チョ氏の息子に対する支援書類などを確保した。

チョ氏の息子は、ソウル大法大公益人権センターから虚偽のインターン活動証明書を受け取り、忠北大学法学専門大学院(ロースクール)志願の際に提出したとの疑惑を受けている。

忠北大学の関係者は「ロースクール入学志願と関連し、入学課を家宅捜査していることは承知している」と回答した。

関連記事(外部サイト)