韓国法相、自宅強制捜査に謝罪 「国民の心情、切実に感じる」

韓国法相、自宅強制捜査に謝罪 「国民の心情、切実に感じる」

韓国法相、自宅強制捜査に謝罪 「国民の心情、切実に感じる」(画像:news1)

韓国のチョ・グク法務部(法務省に相当)が23日、検察による家宅捜査を受けたことについて「強制捜査を経験した国民の心情を切実に感じている」と述べた。

チョ氏はこの日6時30分ごろ、政府庁舎・法務部から退庁した際「本日の家宅捜査については、特別に話すことはない」と明かした。

また「私と、私の家族にとってはつらい時期であるが、それでも心をしっかりともち、検察の改革と法務革新など法務部長官として力を尽くし努力していく」と述べた。

なお、「家宅捜査に関して、報告を受けたのか」「携帯電話は提出したのか」など取材陣の質問には答えなかった。

関連記事(外部サイト)