文大統領、IOC会長と会談=南北五輪共同誘致などを議論

文大統領、IOC会長と会談=南北五輪共同誘致などを議論

文大統領、IOC会長と会談=南北五輪共同誘致などを議論(提供:news1)

韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は24日(現地時間)米ニューヨークで、国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長と会談し、彼と2032年夏季五輪の南北共同誘致などに関して議論した。

文大統領はこの日、バッハ会長と会談し、2032年夏季五輪南北共同誘致に対するバッハ会長の関心と支援に謝意を表した。続けてこれに対する韓国とIOC間の積極的な協力を持続していくことにした。

文大統領は特にバッハ会長に2032年夏季五輪誘致準備の一環として、2024年冬季ユース五輪の誘致や開催も前向きに検討中であることを説明した。

文大統領はさらに平昌(平昌冬季五輪)から始まった朝鮮半島平和プロセス進展に向けて、韓国政府が傾けてきたこれまでの努力をバッハ会長に説明し、2020年東京夏季五輪の南北合同出場などスポーツを通した南北の和合と協力を持続的に推進していく計画だと述べた。

関連記事(外部サイト)