米朝、実務交渉の調整難航… 北高官「展望、暗い」

米朝、実務交渉の調整難航… 北高官「展望、暗い」

米朝、実務交渉の調整難航… 北高官「展望、暗い」(画像:news1)

今月末、再開されると予想されていた米朝間の非核化実務交渉が事実上、不発に終わるとの見通しがでている。

米朝の意見の差に隔たりがあり、これを縮めるのは「不可能」とみられる。

27日、北朝鮮の金桂冠(キム・ゲグァン)外務省顧問名義の談話を発表し、「米国が北朝鮮に対し『先の核放棄』を現時点でも主張しているため、今後、米朝首脳会談の展望は暗い」と明かした。

金顧問は「我々(北朝鮮)が先に核を放棄すれば明るい未来を得ることができるという”先核放棄”の主張が現時点でも生きており、我々を対話の場に導き出すことを錯覚する見解が乱舞する実情」とし、「私は、再び朝米首脳会談が開かれるとして、果たして米朝関係において新たな突破口が導き出されるのかとの疑いをぬぐうことができない」と述べた。

関連記事(外部サイト)