文大統領、法相の疑惑捜査中の検察に「人権尊重し、節制された検察権の行使を」

文大統領、法相の疑惑捜査中の検察に「人権尊重し、節制された検察権の行使を」

文大統領、法相の疑惑捜査中の検察に「人権尊重し、節制された検察権の行使を」(画像:news1)

文在寅(ムン・ジェイン)大統領は27日、チョ・グク法相をめぐる疑惑について「検察が何の干渉を受けることもなく、検察の力を総動員するように厳重に捜査しているが、検察改革を要求する声が高まっている現実を検察は省察していいただきたい」と明かした。

青瓦台(大統領府)のコ・ミンジョン報道官はこの日午後のブリーフィングで、文大統領が「検察がすべきことは検察に任せ、国政は国政通りに、正常に運営できるよう知恵を集めてほしい」とし、このように述べたと明かした。

この日午後に発表すると予め伝えられていたメッセージで文大統領は「チョ法相と関連した疑惑については、厳しい検察捜査が進められている」とした上で、「事実関係の究明やチョ法相が責任をとるべきことがあるのか、検察が捜査して司法の手続きによって選別されるだろう」と述べたという。

特に、文大統領は「検察は、国民を相手に公権力を自ら行使する機関であり、厳重でありながらも人権を尊重する節制された検察権の行使が何より重要である」とし、「いま検察は、全国民が願う捜査権の独立と検察改革という歴史的な使命を共にもち、改革の主体であることを心に留めていただきたい」と伝えた。

関連記事(外部サイト)