北朝鮮へのコメ支援、「WFPと協議を続ける予定」=韓国統一部

北朝鮮へのコメ支援、「WFPと協議を続ける予定」=韓国統一部

北朝鮮へのコメ支援、「WFPと協議を続ける予定」=韓国統一部(提供:news1)

韓国統一部は30日、世界食糧計画(WFP)を通じた北朝鮮へのコメ支援が当初予定していた支援期限である9月を過ぎたことと関連し「今後、WFP側と協議を続けていく予定」と明らかにした。

統一部のイ・サンミン報道官はこの日、定例会見で「人道的支援の次元で、コメ支援運送期間を9月末までに設定してWFP側と推進してきたが、今北朝鮮側の反応、そして、WFP側と北朝鮮側との協議が進展していない」と述べた。

先立って去る6月、政府は9月末完了を目標にWFPを通じた国産コメ5万トンを北朝鮮に支援することにしたと発表した。しかし7月末、北朝鮮側で米韓合同演習を問題視して以来、準備手続きは暫定中断された状態だ。

イ報道官はコメ支援計画が白紙になる可能性があるのかという質問に「今の段階ではひとまず政府とWFP間の協議が重要だと思う」とし「引き続きWFP側と協議していき、これをどのように処理していくのかを決めていこうと考えている」と付け加えた。

関連記事(外部サイト)