韓国国会、東京五輪の旭日旗搬入禁止要求案を決議

韓国国会、東京五輪の旭日旗搬入禁止要求案を決議 199人中、賛成196・反対0・棄権3

記事まとめ

  • 韓国国会が2020年の東京五輪で競技場内に旭日旗搬入禁止措置を要求する案が決議された
  • 在籍199人中、賛成196人・反対0人・棄権3人で、旭日旗搬入禁止措置要求決議案を議決
  • 議決案で「帝国主義侵略の対象になった国々の記憶を刺激」「深く遺憾の意」と表明した

韓国国会、東京五輪の旭日旗搬入禁止要求案を決議

韓国国会、東京五輪の旭日旗搬入禁止要求案を決議

韓国国会が2020東京夏季オリンピック・夏季パラリンピックで競技場内に旭日旗搬入禁止措置を要求する決議案を30日、採択した。(提供:news1)

韓国国会が2020東京夏季オリンピック・夏季パラリンピックで競技場内に旭日旗搬入禁止措置を要求する

国会はこの日午後に開かれた本会議で在籍199人中、賛成196人・反対0人・棄権3人で、今年8月、アン・ミンソク文化体育観光委員長が提案した旭日旗搬入禁止措置要求決議案を議決した。

国会は議決案で「韓国国会はオリンピック及びパラリンピックなど国際競技大会で競技場内に旭日旗や旭日旗を活用したユニフォーム及び小物を搬入し、応援道具として使用することで、過去帝国主義侵略の対象になった国々のつらい記憶を刺激する行為に深く遺憾の意を表明する」と述べた。

さらに「韓国国会は国際オリンピック委員会(IOC)と国際パラリンピック委員会(IPC)、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会(TOCOG)に2020東京夏季オリンピック及び夏季オリンピック期間を前後し、競技場内で旭日旗や旭日旗を活用したユニフォーム及び小物を搬入したり、これを活用し応援する行為を禁止することを促す」と説明。

また「韓国国会は、韓国政府が国際社会に日本の旭日旗が持つ帝国主義的な意味を積極的に知らせ、国際競技大会だけでなくすべての公式的な国際行事で旭日旗が使用されないよう、積極的な外交的努力を傾けることを求める」と述べた。

関連記事(外部サイト)