政府、韓国軍による竹島領空飛行に遺憾表明

政府、韓国軍による竹島領空飛行に遺憾表明

政府、韓国軍による竹島領空飛行に遺憾表明(画像:news1)

韓国の空軍機が1日、「国軍の日」に合わせて竹島(韓国名:独島)領空を飛行したことについて、政府が抗議した。

日韓の複数メディアによると、瀧崎成樹 外務省アジア大洋州局長はこの日、駐日韓国大使館の金敬翰(キム・ギョンハン)次席公使に電話で「日本が事前に(飛行)中止を要請したにも関わらず、韓国軍の戦闘機が竹島周辺を飛行した」とし、「極めて遺憾である」と日本側の立場を伝えた。

瀧崎局長は「竹島は、歴史的な事実に照らし合わせても、国際法上においても明白に日本固有の領土であることを勘案すると、(韓国戦闘機の飛行は)到底容認できない」とし、韓国側に再発防止を強く要請した。

関連記事(外部サイト)