「進歩派が既得権になってしまった」…若者に申し訳ない=韓国の進歩派大学教授

「進歩派が既得権になってしまった」…若者に申し訳ない=韓国の進歩派大学教授

チン・ジュングォン東洋大教養学部教授(提供:news1)

チョ法相の妻と同じ大学の教授同士であるチン・ジュングォン東洋大学教養学部教授は30日、チョグク法相騒動に関連して「みんながそれぞれの陣営に分かれて狂ってしまったのではないかと思う」と語った。

チン教授はこの日、韓国tbsラジオに出演した際「今のうごめく状況に対してかなり憂慮している」、「倫理的に完全にパニック状態だ」、「私が信頼していた人たちが信じられなくなり、尊敬していた人たちを尊敬できなくなり、頼っていた政党も信じることができなくなった」と語った。

また“進歩派の学者としてこれからをどのように引っ張っていくのか”という質問に「われわれが引っ張ってきた時代はもう過ぎてしまって次にバトンを渡さなければならない。進歩派がほとんど既得権になってしまったという感じがする」、「若い世代に本当に申し訳なく、お詫びする言葉も見つからない」と明かした。

加えて「大統領が『機会は平等で、過程は公正で、結果は正しくなければならない』と言ったのに、今は果たして機会は平等か?違う。過程は公正なのか?違う。そしてその結果が正しいと言えるのか。いったい何をやっているんだ」とし、「今の状況がこのようになってしまって本当に残念で、とてもつらい」と吐露した。

関連記事(外部サイト)