韓国法相の妻、検察に初出頭=強制捜査から37日で非公開召喚

韓国法相の妻、検察に初出頭=強制捜査から37日で非公開召喚

韓国法相の妻、検察に初出頭=強制捜査から37日で非公開召喚(画像:news1)

韓国法務部(法務省に相当)のチョ・グク長官の妻=チョン・ギョンシム東洋大教授が3日、検察に初出頭した。

検察がチョ長官一家をめぐる様々な疑惑と関連し、家宅捜索を皮切りに本格的な捜査に着手してから37日、表彰状偽造疑惑で起訴されてから27日が経過しての初出頭となる。

チョン教授はこの日午前9時ごろ、ソウル中央地方検察庁舎に出頭した。

ソウル中央地検特捜2部はこの日、チョン教授を召喚し長女の入試不正疑惑、”家族投資ファンド”疑惑、熊東(ウンドン)学院疑惑まで、これまで提起された複数の疑惑について聴取する方針だ。

関連記事(外部サイト)