韓国法相の妻、非公開で検察出頭=メディア集まるも地下利用で”顔見せず”

韓国法相の妻、非公開で検察出頭=メディア集まるも地下利用で”顔見せず”

韓国法相の妻、非公開で検察出頭=メディア集まるも地下利用で”顔見せず”(画像:news1)

韓国法務部(法務省に相当)チョ・グク長官の妻=チョン・ギョンシム東洋大教授が3日、検察に初めて出頭した。

これは、検察がチョ長官一家をめぐる様々な疑惑と関連し、家宅捜索を皮切りに本格的な捜査に着手してから37日、表彰状偽造疑惑で起訴されていから27日が経過しての初出頭となる。

チョン教授はこの日午前9時ごろ、ソウル中央地方検察庁舎に出頭。この日の出頭は検察が予告していた通り、庁舎1階に設置されたフォトラインを通ることなく、検察職員の通路から非公開で庁舎内部に入った。

チョン教授を乗せた車は同日午前9時をまわる少し前、地下駐車場を通してソウル中央地検庁舎に入ったと伝えられた。

多くの取材陣が、この日未明からチョ長官のソウル市内の自宅前に待機していたが、チョン教授が自宅を出る姿を見ることはできず、自宅ではない他の場所に宿泊し、そこから検察に向かったと報じられている。

関連記事(外部サイト)