スウェーデン政府、米朝交渉を「建設的」と評価も追加対話は「米朝にかかっている」

スウェーデン政府、米朝交渉を「建設的」と評価も追加対話は「米朝にかかっている」

スウェーデン政府、米朝交渉を「建設的」と評価も追加対話は「米朝にかかっている」(画像:news1)

米朝実務交渉が決裂した中、今回の交渉を支援したスウェーデン政府が、米朝間の追加対話について期待感を示した。

ロイター通信によると、スウェーデンのアンナ・リンド外相はこの日、SVTとのインタビューで「交渉は建設的だった」とし、米朝が再び会うことになればスウェーデン政府が積極的に支援するとの立場を明かした。

アンナ・リンド外相は、米朝交渉が決裂に終わったことについて「(両者が)一度の会合で何を達成できるかについては、多少異なる見解があったと考えられる」と分析。

その上で「もし2週間後や2か月後、交渉が再開されればより多くの議論が成されるだろう」としながら、「ただし、これは完全に米国・北朝鮮にかかっている」と述べた。

関連記事(外部サイト)