米ミサイル防衛局長「最適な防衛のためには日韓GSOMIA延長が必要」

米ミサイル防衛局長「最適な防衛のためには日韓GSOMIA延長が必要」

米ミサイル防衛局長「最適な防衛のためには日韓GSOMIA延長が必要」(提供:news1)

ジョン・ヒル米ミサイル防衛局長が、日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)を維持してこそ、ミサイル脅威に対する最適な防衛を提供できると明らかにした。

7日(現地時間)米国の声(VOA)によるとヒル局長は、最近発射された北朝鮮の中距離ミサイルについては様々な運搬システム開発の動きを注視しなければならないと評価した。

ヒル局長は7日、戦略国際問題研究所CSISが主催した講演でGSOMIAが維持されなくても、ミサイル防衛運用は可能だが、最適な選択ではないと述べた。

ヒル局長は日韓のGSOMIA延長がミサイル防衛力量に及ぼす影響を問う質問に「両国が互いの立場の違いを克服し、情報を共有することを希望する」と答えた。

ただしヒル局長は「GSOMIAが維持されなくても別の手段がある」とし、「韓国軍と日本の海上自衛が保有した弾道ミサイル防衛能力は互いに異なるため、今すぐの影響は微々たるものだ」と説明。

しかし「そのような力量が同等になれば、情報共有の観点から、さらに大きな問題になる」と述べた。

関連記事(外部サイト)