韓国法相の妻、3回目の非公開召喚=表彰状偽造・私募ファンド介入疑惑

韓国法相の妻、3回目の非公開召喚=表彰状偽造・私募ファンド介入疑惑

韓国チョ氏の妻 3回目の聴取

韓国法相の妻、3回目の非公開召喚=表彰状偽造・私募ファンド介入疑惑

韓国検察が8日、チョ・グク法務部(法務省に相当)長官の妻チョン・ギョンシム東洋大教授を3回目の召喚し、取り調べをしている。(提供:news1)

韓国検察が8日、チョ・グク法務部(法務省に相当)長官の妻チョン・ギョンシム東洋大教授に対し3回目の呼出しをおこない、取り調べをしている。

検察によるとソウル中央地検は同日午前9時からチョン教授を非公開で呼び、取り調べ中だ。

チョン教授は「東洋大総長表彰状偽造」など娘の入試不正、“家族ファンド”運営問題、チョ長官一家が運営する学校法人熊東学院の不正、各種証拠隠滅などに関わったとの疑惑をもたれている。

これにより同日、検察は先立って行われた2回目の取り調べに続き、この日のチョン教授と関連した各種疑惑について追及する方針だ。

関連記事(外部サイト)