チョ法相、検察改革案の青写真…特別捜査部を“反腐敗部”に=韓国

チョ法相、検察改革案の青写真…特別捜査部を“反腐敗部”に=韓国

チョ韓国法相が8日午後、“検察改革方案”に関して説明している(提供:news1)

韓国のチョ・グク法相は就任後1か月を迎え「“特別捜査部”をソウル中央地方検察庁などの3か所の拠点庁に必要最小限だけ残すなど、検察の直接捜査の縮小、人権尊重、検察への牽制を骨子とする“検察改革の青写真”を提示した。

チョ法相は8日午後、政府総合庁舎で「国民の人権を最高の価値とする検察改革」というタイトルの検察改革方案を発表した。

法務部(法務省に相当)はこの日から訓令である“検察捜査車両の運営規定”を制定・施行して、検事長たちに提供されていた専用車両を無くした。これはユン・ソクヨル検察総長も提示した内容である。

また、検事の検察内外への派遣を最小化して審査委員会を設置し、不可避的な場合にだけ派遣を許容する内容の例規“検事派遣審査委員会の設置および運営に関する指針”を制定し、この日から施行した。

これを通して検察派遣の必要性を厳格に審査して、第一線の検察庁の刑事部と公判部の人材を拡充するようにするということである。

チョ法相はすぐに施行するこの2つの方案に関して「検察改革に関する法制化の最初の成果だ」とし、「法務検察改革委員会の勧告と大検察庁(最高検察庁に相当)の積極的な改革方案の受け入れを土台としてなされたものだ」と説明した。

関連記事(外部サイト)