欧州安保理会員国、北の核武器・弾道ミサイルプログラム「放棄せよ」

欧州安保理会員国、北の核武器・弾道ミサイルプログラム「放棄せよ」

欧州安保理会員国、北の核武器・弾道ミサイルプログラム「放棄せよ」(画像:news1)

国連安全保障理事会(安保理)の会員国であるヨーロッパ5か国が8日(現地時間)、北朝鮮に対し完全かつ検証可能で取り返しのつかない手段で核武器と弾道ミサイルプログラムを放棄する具体的な措置をとるよう追求した。

ロイター通信によると、北朝鮮は去る3日、潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)を試験発射したと明かした後、招集された非公開の安保理会議を終えて、共同声明を発表した。この会議はドイツ、英国、フランスが要請したものだ。

ヨーロッパの会員国は北朝鮮の今回のミサイル発射は「地域の安保と安全を脅かすものであり、国連安保理決議を明白に違反するもの」とし、「安保理が決議案を支持しなければならない」と追及した。

関連記事(外部サイト)