実弟への逮捕状再請求に韓国法相「ノーコメント」

実弟への逮捕状再請求に韓国法相「ノーコメント」

実弟への逮捕状再請求に韓国法相「ノーコメント」(画像:news1)

裁判所が法務部(法務省に相当)長官の実弟=チョ某氏に対する拘束令状(逮捕状)を棄却した中、チョ長官はこれと関連した立場を明かしていない。

チョ長官は10日午前、庁舎に出勤した中、記者陣の取材を受け「きょう(10日)は特別に話すことはない」とし、「国政監査の準備をしなければならない」と短く答え、足早に立ち去った。

「(検察側は)弟に対する拘束令状を再請求するとの意思を明かしたようだが」とコメントを求めた記者に対しては、何の言葉も発さなかった。

検察は去る4日、特定経済犯罪加重処罰法上の背任・背任収賄・証拠隠滅教唆などの容疑でチョ氏に対する拘束令状を請求。しかし、ソウル中央地裁は9日未明「主要犯罪(背任)について争いの余地がある」とし、棄却した。

関連記事(外部サイト)