タイ旅行した20〜30代3人、はしかに感染…保健当局「患者隔離」=韓国

タイ旅行した20〜30代3人、はしかに感染…保健当局「患者隔離」=韓国

タイ旅行した20〜30代3人、はしかに感染…保健当局「患者隔離」=韓国(提供:news1)

去る9月、韓国の旧盆連休にタイ旅行した20〜30代3人が麻しん(はしか)に感染したことが確認され、保健当局が彼らを隔離し、対応措置に乗り出した。

11日、疾病管理本部によるとタイを旅行した20〜30代3人が、去る1日から3日まで相次ぎ、麻しん(はしか)と診断された。3人は個別にタイ旅行した後、麻しん(はしか)に感染したことがわかった。疾病管理本部は3人と接触した人々に予防接種を行うなど対応措置をとっている。

疾病管理本部の関係者は「麻しん(はしか)が疑われる人は近くの保健所に問い合わせた後、案内を受けて病院を訪問しなければならない」とし「外出の際にマスクを着用し、できるだけ公共交通を利用しないほうが良い」と説明した。

関連記事(外部サイト)